FC2ブログ

冬の北国の運転「吹雪く!」 2

~昨日からの続きです~

■昨日の「吹雪く!」1はコチラ


**************

『もうワタシ、大丈夫なんだろうか??』
『滑って止まれなくて急に現れた前の車に突っ込んじゃったら…!?』
『後ろからぶつけられたら…!?』

その時でした。

右手に建っていたコンビニの駐車場に、
車の正面を通りに向けて駐めていた大型トラックがヘッドライトをつけたんです。



パーーーッっと前が見えます!
…!
ライトの光は私の車前方を照らし出し、前の車が見えました。

ありがたいその光の中で前の車に追い付き、
それから後はなんとしても見失うまい!と、
つかず離れずの距離を保って走らせていくことが出来ました。

そうして、、、
その辺りから地吹雪も収まり始め、
札幌のビル街のネオンの美しさが目に映ってきたころには
やっと私にも生きた心地が戻ってきました。

そうはいっても教室のあるビルに着くまでは
まだまだ気を張りながらの運転ではあります。

地吹雪は収まったおかげで前は見えますが
まだまだ雪は降っていますし、いつまた風が吹いて吹雪になるかもしれず
そして車も前後両隣とひしめいています。



信号で止まり、ふっと何かを感じて横を見ると
なんと隣の車から夫が手を振っているではないですか。

夫にしてみれば、仕事の途中、吹雪の中を運転していたら
隣の車は見慣れた車、なんと運転嫌いの妻が乗っていた、というその奇遇に
しごく嬉しそうでありました。

夫は、驚きながらも満面の笑顔、そしてぶんぶんと手を振っている。。。

たしかに札幌の街中で、それも夜の運転で隣り合わせたら
うん 奇遇だね、驚くだろね、
でもこっちはちっとも驚けない笑えない、
何故なら、
滑るわ、吹雪くわの運転がキョーフ過ぎて、
緊張MAX! 感情がフリーズしているから。

能面のような表情の妻の様子に夫は?とばかりに
雪が降りしきる中、窓を開け、助手席側ににじりよってきてまで手を振り続けています。

…仕方がないので、ほんの少し首をかしげてにっこりと微笑み、
白い手袋をはめた手を指先だけ少し揺らして手を振り返しました、


と!信号が青に変わってまた緊張の運転スタートです。
夫には申し訳ないけれど、ここで事故るわけにはいかないので振り切って、
あとは仕事場の教室に向かうのみ!です。

**************

運転で力を使い果たしたせいかヘロヘロな講習をなんとか終わらせて
帰りは一転して静かな冬の夜道を帰ってきました。

無事に帰り付くと、しばらくして夫も帰宅。
夫の開口一番はコレでした。

「キミは、皇族かっっ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノラ

Author:ノラ
札幌在住の
アラフィフ主婦★ノラです。
仕事にもしているキルトや
布雑貨作りや、多聞(ネコ)との暮らしぶりを記していきます^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる