冬の北国の運転「凍る!」1

昨年12月の始め、車道の所々が凍ってしまった或る日、
信号待ちしていた私の車に後ろの車が軽くぶつかってしまいました。

ブレーキを踏みつつも滑って止まれずス~ッときてドン!という感じです。
それなりの衝撃はありましたが、私も無事で車もバンパーに亀裂が入った程度で済みました。


北海道では道路が凍結するので、わりとよくある事故です。
警察に行って届けて、翌日はトヨペットで修理代金の見積りをして相手に連絡して
その後数日で事故処理は済みました

バンパーと凹んだナンバープレートを変えるということですが
車は普通に走れるので、結局修理に持ち込んだのは1月に入ってから。
そして今日、直った車を受け取ってきました。



凍結路で車が滑るといえば、思い出すことがあります。

もう何年も前のある冬。
キンキンに冷えて道路がテッカテカに凍ったある夜、夜中。

私は納車されたばかりの新車を運転して、
バイト帰りの息子を駅まで迎えに行こうとしていました。

運転嫌いの私にとって、どう考えても恐怖のドライブでございます

…と、見ると
目の前の横断歩道をこんな時間に高校生くらいの男子が渡ろうとして、
…渡ろうとして、その一歩が出せずにいます。
道がツルツル過ぎて、彼の体重を受けとめられない…、
一歩が踏み出せないのです。

人生で体力も運動能力もおそらくはマックスであろう高校生の男子が、です。

ツルッツルなんですよ。
テッカテカなんですよ。

・・・・・・・・・・・

そんなデンジャラスな道路で滑らないようにトロトロと運転を続けて、
車通りの多い〇×号線を横断すべく信号待ちをしておりました。
信号待ちしている車は私の車だけです。

『もう少しだ、もう少しで駅!帰りは息子に運転してもらおう!』



……ゴメンナサイ、
ヘタレましたので今日はここまで、。

次回に続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノラ

Author:ノラ
札幌在住の
アラフィフ主婦★ノラです。
仕事にもしているキルトや
布雑貨作りや、多聞(ネコ)との暮らしぶりを記していきます^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる