毎度恒例の内視鏡検査その2

一昨日の水曜日に受けた大腸内視鏡検査の顛末をブログにのこしておきます。
今日は当日(その1)から一日置いた金曜日で8その2)となります。

**********
グルグルゴロゴロ鳴るお腹を抱えて内科に行くと、
内視鏡検査室に連れていかれ、
「では、(腸内洗浄のための)下剤をコレに変えますのでお願いします。」とのこと、
目の前に、またあの2リットルの下剤が、紙コップとともにデーンと置かれました。
『ウチで飲んだ(=吐いた)分と合わせたら3リットルじゃん

見るとウチで飲んだ下剤は「ニフレック」、こんどは「マグコロールP」という下剤。

吐いたとはいえあの何とも言えないビミョーな味のニフレックを1リットルと少し飲んだというのに
これではまた振り出しであります。
しかし、ここまで来た以上飲むしかない。。。

マグコロールPを飲み、トイレに行く、
マグコロールPを飲み、トイレに行く、
これを数え切れないほど繰り返して
やっと看護師さんから「OK!」のサインが出ました。

あとはもう流れ作業台に乗せられたカンジで、検査着の上着を着て、後ろに穴の開いた紙パンツを穿き、
検査台に乗っかって、お医者さんの方にむかって「よろしくお願いします」、です。
まだ私にも恥じらいは残っております、先生の顔はあんまり見たくありません。

鎮痛剤が注射されて、検査が始まり…、始まり…アレ、なんか意識がはっきりしてるぞワタシ、、、?
去年までの検査では毎回すぐにコテンと意識を失ったのに?
まあそのうちにきっと効いてくる、効いてくるはず、…い、痛いよ…でも効いてくるくる、、、効いて……!!

はあ?鎮静剤が効かないじゃん!
なぜゆえ?なぜゆえにっっ?!

私:「あ、あの~ッ、痛いんですけどね、なんだかね、痛いんですよ?」
看護師さん:「あら~、体調も影響しますからねえ。」

エッ?!そ、そんなカンジですかっっ・・・、そんな微妙なモンですか鎮痛剤って~~イッ、痛い~~~~

激しく苦しんだ検査もじきに終わり、
先生がぽんぽんと私の背をたたきながら
「はい、終わりましたよどこにも異常のないキレイな腸でしたよ。」と。。。
ふと先生の顔を見ると、これがなんとすごく若くてイケメンでしてん。

ハイ問題です。
A、若くてイケメンで痛い内視鏡検査
B、ベテランのオッサンでそこそこ熟練の技の内視鏡検査

2択問題、どっちでしょ。

いやもうそれは、Bでしょう。痛いのはツラいもん!
じゃあじゃあ、若くてイケメンでテクニック抜群の内視鏡検査、だったらどないでしょうか。
でもな~、イケメンなのにこっちは後ろの開いた紙パンツはなああ…とか、
それならオッサンのほうがバランスとれててええのと違うか…とか、考えつつ
安静室でしばらく横になってから会計をして、

めでたくも大腸がん検査を無事に終了したという、秋の或る一日でありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ノラ

Author:ノラ
札幌在住の
アラフィフ主婦★ノラです。
仕事にもしているキルトや
布雑貨作りや、多聞(ネコ)との暮らしぶりを記していきます^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる