乳癌検診

昨日は一年と半年ぶりの乳がん検診に行ってきました。

たしか㋃に検診の予約を入れようとしたところ、2、3か月先まで予約がいっぱい!
やっと昨日受けてきまして異常なし、ということでホッとしています。
怖いですよね…、検診を受ける以外に術は無いですもんね。。。

で、ありがたくマンモグラフィもやってきました~

何がイヤってあのマンモグラフィに勝るものは無いかも

婦人科検診もイヤですけどね、
大腸がんの内視鏡検査もイヤですけどね、
マンモはまた別格に、イヤですよ。

「そうそう、厭よね~、アレ」って同意してくれる人は多いけど
私の場合、厭さが違うかも。


マンモグラフィは、おっぱいをはさんで撮るものです。
はさむものが少しでもあればいいじゃあないですか、
痛いぐらいガマンですよ!
はさむものが見当たらない場合、どうするんだってことですよ。

ワタシの場合ね、毎回、技師さんがマンモとワタシの胸部の間で格闘するとですよ。
はさもうとして、はさめないんだもの。

やっとなにがしかの肉をはさんだかと撮影ボタン?を押すが失敗。
私と撮影ボタン?の間を右往左往して、トライ&エラーを繰り返す。

「痛いですか?大丈夫ですか?ごめんなさいね、つらいでしょう?」とオロオロするあたりで
なんの偶然か撮影成功、めでたし!となるんですよ、毎回。

昔と違って、エックス線写真なるものはデータがそのまま医師のPCに送られるんでしょうね
で、それを見ながら医師の説明を受けるわけですが、

…黒い部分が多すぎ…、広すぎる。。。


画面中央から左右に向かってそれぞれ白くもやっとしたおっぱいのエックス線写真があるのでしょうが
え?どこ?っつうくらい、その存在が認められないもの。。。
全体として黒。

でもそこはお医者様ですからね、
「あ、異常は無いですよ。」とにこやかに言ってくださいますけど。

次に超音波エコーですが、
もうこの辺りで私はマンモで心身ともの疲れがどっと出ていて
恥ずかしいとかどうだとかどうでもいいわけです。
ただ、「異常無し」の一言に安堵して、そそくさと着替えて
待合室で会計待ちの間、うつろにぐったりしてます。

毎年、コレ、やってます。




スポンサーサイト

庭に出てビックリ( ゚Д゚)

今日、玄関ドアを開け、ポストに手を伸ばそうとして驚きました。
IMG_5992.jpg
ポストのちょい向こうに見えるハニーサックルがこんな風に花盛りなんです。

ここ数日の雨が庭の季節を加速して進めたようです。
IMG_5998.jpg
白い芍薬の花も、硬いつぼみだったはずがいっきにここまで開きました。

毎年ゲンキいっぱいのアンジェラは・・・、
やっぱり!もう、ぶりぶり咲いてますよ!
IMG_5993.jpg
「つぼみがいっぱ~い♪」と家の中から眺めていたのは、あれは昨日のことなのに。ビックリです。

喜びつつ写真を撮っていると、ふと視線を感じました。。。
IMG_5997.jpg
開けた窓の網戸にぺったりと貼りついて外を眺めている多聞の視線でした。

こういう無表情ではありますが、
きっと多聞も初夏の季節を寿いでいると思われます。

…ま、、、違うか。。。

祝ヽ(^。^)/

多聞、5日ぶりに ンコが出ました~~~っ!!
ウレシイ~~っ!!!(^ε^)-☆Chu!!


IMG_5980.jpg
…カンベンしてくれ

疲れました。。。

先週末日曜夕方から、多聞が水ばかり吐いて、ぐったりとなりました。
月曜の朝、いつもの病院は予約と手術がいっぱいということで別の病院を紹介してもらって行ってきました。

レントゲンを撮って、「何かある」ということがわかり、

異物を呑んでいないか、
バリウム検査が必要かもしれない、
その検査で腸閉塞とわかれば、何らかの手を打たなければ…、
(最悪)開腹手術もありうる、

などと、などと、先生にじっくりと言い渡され
とりあえずの処置をして頂いて帰ってきました。

明日朝まで様子をみて、バリウム検査をしましょうか とのことでしたが
不安で心配でたまらず、翌日まで待てずにその日の夕方、また病院へ。

しかし先生の考えをもう一度聞く以外は
吐き気止めと補液の処置を再度して頂き、
折角来たからと血液検査も致しまして、

…ばんばんお金が飛んでいくんですね。

で、その夜は一階の和室で多聞と寝ました。
いつもは二階の私のベッドで一緒に寝るのですが、
ぐったりしている多聞が夜中にトイレに行くことを考え一階に寝たわけです。

ほ~んの薄皮を一枚剥いだ程度には元気?になった多聞を病院に連れていくと
看護師さんの前で多聞はずいぶんと愛想良くなり、
目に生気が戻ってきまして・・・

看護師さん二人があら~元気になったわね?と喜んでくださり
多聞はますます目がパッチリ、と。。。

先生がおっしゃるには、
腸の中にある「なにか」はたぶん毛玉で、それが崩れてすこし腸内を移動してラクになったのかも、と。
あとは便に出てくれれば、とのことでした。

わ、わたしは、もしや異物を呑み込んで完全に腸閉塞となって
かっ、開腹手術かと~~~~思った次第ですが、
その恐れはとりあえずなくなって。ほんとうにホッとしました

帰宅して丸一日と少し経ちましたが
ウンチは出ませんのです。
病気をすると、ウンチ&おしっこがこんなにも待たれるものですね。

IMG_5981.jpg
「ウンチ、ウンチってうるせ~


夜のキッチン、最後の仕事②

以前の記事で、キッチンでの最後の仕事として、
「翌日のお味噌汁の出汁とり」と「翌朝のジュース材料の仕込み」をしていると書きましたが
週に1~2度は「フレンチトーストの仕込み」もやってます。

食パンの4枚切りを半分にして、フレンチトーストの卵液に漬けて翌朝焼くと
外は焼けても中は柔らか~いフレンチトーストが出来るんです。
柔らかいというよりも、卵液をた~っぷり吸い込んでこれ以上ないくらいしっとりな出来上がりです。
好みは分かれるかもですが、私はけっこう好きで、この方法で作っています。

IMG_5970.jpg
↑こんな具合です。
卵液は、溶き卵1個分、砂糖大匙2、牛乳200ccを混ぜて作ります。

IMG_5971.jpg
↑たっぷたぷに浸かるかんじです。

この時にサイズ的にもピッタシなのがコレです。



フレンチトースト以外にももちろんいろいろと使っています。
ふたは密閉タイプではありませんが、
私が気に入っている点は、透明なので中味が見えることと、レンジができること、です。
タッパーと違ってガラスなので重みがあります。
キュッと洗い上がる感じが好きです。

翌日の朝食は、卵液を吸えるだけ吸ったたぷんたぷんのパンを
ちぎれないように注意して、バターを流したフライパンでジャッと焼けば出来上がり



リバティ★イルマでペットボトルホルダー

ここ数日、寒い札幌です。
まあもう少し待てば夏がやってくる!待ちましょう♪

時間を取られる用事を抱えていて、なかなかヤフオクに出品できません。
8月過ぎればまたがっつりと取り組むぞ~とは思うのですが
それまでも何もしなければすっかり忘れてしまいそうなので
少しずつで毎日針に針とか布とかに触れて作ってはいます。

そんな具合に作ったのがコレ。(500mlのペットボトルを入れている状態です。)
IMG_5946.jpg
人気のイルマです、植物画っぽいカンジを表にして、
裏は少し色の華やかな部分を使いました。↓
IMG_5955.jpg

以前のペットホルダーと見た目は変わりませんが
内側の保冷&保温シートが、今回は取外しせるようにしたという工夫をしました。

IMG_5951.jpg
上から覗くとこんな風ですが、

実は保冷&保温する部分はすぽっと取り出せます。
IMG_5950.jpg

保冷&保温ケースは汚れたら拭く程度にして、
表側↓は持ち手を外してネット洗い出来ます。
IMG_5948.jpg

500mlでなくても、350mlでももちろんすっぽり入って使えます。

■このペットボトルホルダーは、現在ヤフオクに出品中です。
サイズその他の詳細や他の画像など載せていますので、よろしければこの上をクリックしてご覧下さい。


プロフィール

ノラ

Author:ノラ
札幌在住の
アラフィフ主婦★ノラです。
仕事にもしているキルトや
布雑貨作りや、多聞(ネコ)との暮らしぶりを記していきます^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる