リバティ★エミリーのコーデュロイ生地で…

リバティ★エミリーのコーデュロイ生地を使って、ワンショルダーのボディバッグを作りました。

IMG_4015.jpg

ワンショルダーなので、両手が空いて便利ですよ。
お買い物で両手にしっかりと袋を持てますしね、
ワンちゃんの散歩とかも両手が空いてると、ウキウキ感が増しませんか?

寒い季節に両手が空いてると、ポケットに手も入れやすかったりして

右利き、左利き両用に使えます。

今回初めてリバティのコーデュロイ生地を使ったのですが、
細うねのコーデュロイなので、しなやかでソフトでいい感じです。
お洋服を作る方にもおススメです。

IMG_4023.jpg
中には、バッグと同幅で深さが約15センチの大き目ポケットもあります。

IMG_4026.jpg
底板も共布で作りました。
PPシート(ポリプロピレンシート)をカットしたものを、共布の袋に入れて縫い閉めています。

IMG_4015.jpg
ファスナーチャームもリバティで作っています♪

型紙は購入したものを使用しているのでオリジナルデザインではありませんが、
細かいところをアレンジしたりして、楽しみながら作っています

それはそうと、今回はちょっとうっかりして、
留め具の裏表を間違えてしっかりがっちり縫い付けちゃいました~
IMG_4027.jpg
左が正解の面です。
使用にはなんの問題もありませんが、よーく見ると
アルファベットや記号があるのが裏で、何も無いのが表となるべきだろう、と。。。

気になりだすとこれが気になっちゃう性分で…、
送料無料(定形外発送250円分を無料)の出品にして許して頂こうと思いますので、ご了承くださいまし

■このボディバッグは、現在ヤフオクに出品中です。
サイズその他の詳細について、他の画像など、よろしければこの上をクリックしてご覧下さい。

スポンサーサイト

手間のかかるお食事。

ウチの猫・多聞の体重は、約5キロ。

獣医さんに言わせると、ちょっと少な目。(この種類の雄猫にしては。)
「もう少し食べさせるような工夫を。」とのことですが、

そうはいっても、療法食以外はご法度なワケで、
療法食ってどうもそんなに美味しいもんでもないらしく。。。

ウェットの場合は、まわりのタレを舐めて終わりとすると決めているようで
舐めた後のぱさっとしたフード本体部分は、食べません。

で、すぐにまた食事をねだってきますが、
ペロペロして、ハイ終わり。
こっちも意地になってそのパサパサフードをず~っとそのままにしておくと
しかたなく隣のカリカリ(=ドライフード)をちょこっとだけ食べます。

こんなことじゃまた痩せちゃう…とこっちは根負けして、またウェットフードを出すけれど、
やはりタレだけをペロペロ…!

そこで、ウェットフードをすりこぎでつぶして、
タレもフード本体も混ぜてとろとろにしたものをあげてみました。
IMG_3959.jpg

・・・おお!食べてる、食べてる・・・!うそ!完食!?

以来ずっと、私はウェットフードを綿すりこぎ棒でつぶしてすり混ぜてお出ししています。
(一度、手を抜いて半つぶし状態であげたら、猫の砂かけ行動をしていました…

完食した後のお皿を見るのは、なんともウレシイものです。

しかし、
・・・なんちゅう過保護なことをしてるんだ、私はッ!
と、思わないわけでもないのであります。

リバティ★カペルのグレーでボディバッグ

ヤフオクでの落札者様からのアドバイスもあり、ボディバッグを作ってみました。

ボディバッグとは、
片方の肩に掛けて使う、縦長または横長の小型かばんをボディバッグというのだそうですよ。
最近よく見かけますし、お店にもいろいろと置いてありますよね。

メンズでもよく見かけますが、
これをリバティ生地で作って女性が使ったら、可愛いし便利そうです。

で、カペル柄のグレーで作ってみました。
丈夫に作りたいので、リバティの帆布と無地の帆布の組み合わせで作りました。
IMG_3984.jpg


ワンショルダー、リュック型のこのボディバッグは
両手があきますから、まずはそこが便利ですよね

外側の四角いポケットが立体的なところがデザインのポイントで可愛いと思います。
IMG_3987.jpg


お財布、スマホ、ポーチ類などけっこういろいろと入ります。
長く、上まであるので、30㎝くらいの折り畳み傘でも入れられます。
IMG_3996.jpg


内側には仕切りポケットがあります。
布端などは全てバイアステープでていねいに包み仕上げしています。
IMG_3992.jpg

しっかりと掛け紐も付けていますので
こんな風に、ひょいと掛けられてそれもまたグッドでございます☆
IMG_4003.jpg


実は、オリジナルのデザインで作るつもりでしたが、
型紙を全て作った後で、オークションの出品にそっくり同じデザインがあることに気づき
こりゃアカンと、撤収です。

その「そっくりデザイン」とはビーンズ型、日本語で言えばソラマメ型、です。
可愛い~と思ったんですけどね~、
パクリデザインなんてことになったらイヤですもんね

すっかり気が抜けてしまったので、型紙ショップで購入した型紙で作ることにしました。

購入した型紙を他に販売してはいけないけれど、
型紙を使って作ったものを販売するのはOKということなので
ありがたく使わせて頂きます

今回は利き手が右手の人用の作りですが、
左が利き手の人にも利用できるように工夫していくつもりです。

■こ上記のボディバッグは、現在ヤフオクに出品中です。
サイズその他の詳細について、他の画像などご覧になれます。
よろしければこの上をクリックしてご覧下さい。

写真嫌いな猫

IMG_3956.jpg
今日も秋晴れ、オレもご機嫌♪

IMG_3953.jpg
また、写真か、可愛い顔なんかしてやらないぞ

IMG_3954.jpg
ほれ、こんなカオ~~

リバティのパープル系でポーチを2点

こちら札幌は日増しに寒くなってきています。
暖房をつけたいところですが、なんとか電気ストーブと炬燵でしのいでいるノラでございます

こういう季節には、花柄に手が伸びます、それもしっとりパープル系なんかが良いカンジ
今回作ったポーチは、ダルウィッチパーク柄とアストラ柄の2点です。

IMG_3962.jpg
左がダルウィッチパーク柄、右がアストラ柄です。
どちらも女性らしい匂うような花柄。

身に着けるものについては、花柄はたまにしか着ないとか、
あまり女らしい色や柄はどうも…、という方が、
こういう感じのポーチを持っていると、意外とハッとさせられて新鮮だと思いますがどうでしょう。

ダルウィッチパークのガマ口を開けると内側は英字プリントです。
IMG_3972.jpg
花柄と英字柄はピッタリきますよね。

アストラ柄の内側に使用したのは、きれいなパープルの無地生地です。
IMG_3965.jpg
アストラ柄の中にある紫色に合わせて、エレガントに仕上がりました。
(内側に使用した生地の上にポーチを置いて撮ってみました。)

どちらも、縫っている手先が女らしく染まるようなリバティの柄で気持ちよかった~

■上の2点のポーチは、現在ヤフオクに出品中です。
サイズその他の詳細について、他の画像など、よろしければこの上をクリックしてご覧下さい。



イイコトがあると。。。

美容室に行ってきました。

いつも担当してくれる美容師さんは、
30代くらいで、たぶん独身で、お化粧っ気のないロングヘアの女性です。

なんとなくな世間話を交わしながらのカットが終われば、
一か月後の予約を確認して、出口でにっこりと見送ってくれます。

いつも、同じ。
こんなにおんなじでいいのか、ってくらい、同じ。

それが今回は違ったんです。
彼女の様子が違ったんです。
見た目に変化は無いけれど、なんだかすご~く「ウキウキオーラ」が出てる。

いやいや、見た目、違~う!
髪の色、少しだけど明るくした?
「え~?わかります?ほんの少しですけどね♪」

それと、ど、どうした!
胸の谷間見せて、どうした?
いつもおとなしめの服装で目立たない人なのに、
今日はぐぐっと深く開けたニットで・・・!

その後の会話から何かを感じ取れたわけではありませんが、
なんにも声を発しなくても、彼女の動き方が全然違うんですよね。

人間って、ほんと、可愛い生き物かも。
なにかあると、こんなに丸っと変われちゃうのか。。。
なんだか、こっちも嬉しくなってきてしまったりして*^^*

・・・で、いつもと同じ筈の私のショートヘアのカットですが、
今回微妙に違うんですよね

微妙に、攻めたスタイルになってた・・・、
ま、刈り上げになってないだけヨカッタ、ってことにしとこう

ヨーガンレールさん、死去

9月23日、先週の火曜日、
服飾デザイナーのヨーガンレール氏が亡くなったという記事が、今朝の新聞に小さく載っていました。

22~3歳の頃、母が私に作ってくれたオーバーブラウスとティアードスカートのセットがヨーガンレールさんの生地でした。
母も私も着るものについて頭を悩ませることの大好きな性質で、
よくお互いのファッション誌を見せ合っては、あ~だこ~だとおしゃべりする時間が多かったんです。

子供のときからずっと、母の作ったセンスの良い服が好きで着ていましたが、
さすがに高校生くらいからは既製品のなかで探すようになっていました。

大学を卒業した頃に、母の方から何か作ってあげようかと聞いてきたので
急いでデザインを考えて、生地もそろえて母に頼んだのが
このヨーガンレールさんの生地でした。

すごく高い生地で、分量もいっぱい使うデザインでしたし母も驚いていましたが、
質も良く、ヨーロッパとアジアを混ぜたような雰囲気のヨーガンレールプリントは
いつもいいな~と思ってましたので決めました。

IMG_3948.jpg

IMG_3950.jpg



お洒落着に何年か着た後は、ブラウスの方は気軽なオウチ服となって
なんと今でも気に入って着ています。
ティアードスカートは箪笥の中…、さすがに3段のティアードはもう無理です。

亡くなるまでずっと着るものへのこだわりは私よりも強かった母で、
他の事では時々けんかもしましたが、ファッションの話になると気が合った親子でした。

そうかあ…、ヨーガンレールさんももう亡くなっちゃったんだなあ…。
プロフィール

ノラ

Author:ノラ
札幌在住の
アラフィフ主婦★ノラです。
仕事にもしているキルトや
布雑貨作りや、多聞(ネコ)との暮らしぶりを記していきます^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる