リバティ★ジェニー&スティーブとアンジェリカガーラで。

ちょっと久しぶりです、がま口ポーチをふたつ作ってみました。
IMG_3835.jpg

ヤフオクでの落札者様の中には、
通帳サイズのポーチですが、お薬入れに使ってくださる方もいらっしゃるようで。
「病院通いの身だけれど、リバティ柄のポーチにちょっと気分も上がります」とのコメントに嬉しくなったことも☆

IMG_3837.jpg

手前のアンジェリカガーラの内側は明るめのトルコブルー、
もうひとつの2014春夏柄シェニー&スティーブの内側は若草色です。

お化粧品とか、その他にもけっこう便利使いのできるサイズですよ。

■この二つのポーチは、現在ヤフオクに出品中です。
サイズその他の詳細について、他の画像など、よろしければこの上をクリックしてご覧下さい。

スポンサーサイト

スマホの方が撮りやすい

デジカメでの撮影では、カメラ嫌いの多門にすぐ気づかれてしまって
なかなか思うような表情を撮れないのですが、スマホだとわりあいと撮り易い気がします。

コデマリ2

すごく精悍な、野性味あふれる多聞が撮れました。
(・・・と自分では思っとります。)

カメラ機能はともかくとして、
新しいスマホにまだ慣れてなくて使いづらい気がします。。。
使いづらいわけではなく、
使いこなせてないということなのでしょうね。

年々、機械モノが苦手になっていくカンジ、やだな~

ふつうに。

今日の札幌の空は 雲がうすくひろがっています。
夏の終わりを予感させる名残のようなお天気。

この同じ空の下で、
家も家族も失って途方に暮れて泣いている人たちもいるというのに、
私は、今日もごくふつうに暮らしています。

IMG_3780.jpg

髪を切りに行ったり。
猫のブラッシングをしたり。
帰宅した家族に「お帰り」を言ったり。

ニュースをみて、新聞をみて、
それでも自分はふつうを続けていることに居心地の悪さを感じ。。。

IMG_3782.jpg

ふつうに暮らせている幸せを知らなきゃいけない。
もっと、もっと思い知らなきゃいけないのに。

リバティでハンドメイド3点

この頃なかなか自分の時間がとれずにいました。

でも継続することがたいせつ。
こまかな時間をハンドメイドに費やしまして。。。

ペットボトルホルダー2点と、サブバッグを1点。
IMG_3736.jpg
ペットボトルホルダーの左はリバティーのエミリー、右はジェニー アンド スティーブです。
ちょっと肩を組ませて仲良し風に^^

※左のエミリーは以前、出品中にレース部分にうっかりとボールペンで汚してしまい
出品取り消しにしていたものを、レースを付け替えたものです。
■そんなわけでレースは違いますが、
この上をクリックすると、その時の記事に行きますのでどうぞ。



IMG_3809.jpg
サブバッグは、リバティ★アンジェリカガーラのピンク♪

休日をこんな具合にすごしました。

お盆休みで赴任先から帰ってきた夫と、
年に一度の試験を終えて結果はともかくもスッキリした息子と、
外遊びは苦手だけれど、たまには出かけたい私・・・の三人で、
えこりん村にドライブがてら行ってきました。

えこりん村は、札幌の隣の恵庭市にあり、
高速で30~40分のドライブで行ける植物や動物(羊やアルパカ、昆虫なども)のテーマパークです。

ダイオウグソクムシとか、アルパカとかもみられるようですが
今回私たち親子三人は、ひたすら野菜を楽しみました。

まずは、去年、ギネス世界一になったトマト森コーナー。

ハウスに入ると頭上をびっしりと覆うトマトの森に驚きます。

葉のグリーンとトマトの実の赤の美しさに目を奪われつつ、
ハウス中央の大きな木箱から伸びている一本の太い茎がそのすべての源とわかってびっくり!
IMG_3770.jpg

広いハウスの天井からぶら下がるトマトの数は最高で20,000個にもなるとか
このトマトツリーには、一日に約200リットルもの水をやるのだそうです。

根がどんどん広がっていって、ここまで大きくなる水耕栽培ってスゴイ

ひとしきり驚いて、スマホで撮って…を繰り返した後、そこを出て、
野菜販売のコーナーに行き、ちょうど催されていた野菜をゲットできる「輪投げゲーム」に参加。

賞品(野菜)を手にできない人たちも多い中、私たち親子3人が3人とも、
本気モードで輪投げをして賞品の籠に盛られた野菜を手にしたという快挙でした。

特に息子はスイカも入った特賞の籠を頂けて、参加者さんたちからも拍手~
IMG_3771.jpg

この後は、大倉山ジャンプ場に車を向け、
その高さを目の当たりにして、ジャンプの選手たちの偉業を褒め称え、
展望台のレストランでランチをして帰ってきました。
IMG_3774.jpg
下から見上げたジャンプ台↑

IMG_3776.jpg
上から見たジャンプ台、ですが、この写真では高さや急角度の傾斜の恐ろしさを伝えきれません



と、まあこんな具合に、
日焼け止めローションを塗り塗りしつつも、楽しい休日となった1日でした

荒れる前にブルーベリーの収穫

がーっと暑くなったり、
がーっと台風が暴れたり、
なんだか自然に翻弄されているこの夏です。

先日のどよ~んと暑い日、庭のブルーベリーを少し採りました。
IMG_3723.jpg

IMG_3724.jpg


IMG_3727.jpg
…キタキタ…。
「ナニ?食べるもの?」

大腸内視鏡検査ってどんなん?という方へ

大腸癌検診の便潜血反応が陽性だったため、またしても内視鏡検査です。

去年は陰性でしたが、その前まではほとんど陽性でした。
一年おいて今年も陽性・・・放っておくのも心配ですし、
内視鏡検査を受けてきました。

もうかれこれ5回くらいやってます、ベテランです。
なので、これから初めての内視鏡検査を受ける方で
どんなものなの?と不安に思っている方がいらしたら
役に立つかもしれないことを、つらつらと書いてみようと考えました。

検査前日の自分で行う準備は、腸をきれいにすること。
腸内に便があると当然腸壁の撮影などできませんから、中をキレイな状態にするため
前の日から食事内容に制限がかかるわけですが、それが面倒なら検査食キットを病院の売店で買ってきます。
(1400円ちょっとくらいだったかな。)
IMG_3729.jpg
検査食の箱の側面です。
IMG_3728.jpg
朝食と昼食は写真を撮る前に食べちゃって・・・、
画像左の3つはおやつです。(ブドウとイチゴのジュース&ビスコ)
右の一袋は夕食のコーンポタージュスープです。

お味はまあまあです、
検査食なんですから、味よりも腸内にひっかかりなくするすると排泄されるように考えられた内容なんです、
贅沢は言ってられません。

寝る前に下剤を飲んで(チャルドール)、
朝起きたら、やはりこれも下剤マグコールPを水に溶かした1800mlを2,3時間のうちに
200mlずつ飲んでいきます。
実はこの段階が一番キツイ

でもでも今年のマグコールPは飲みやすくて驚きましたよ。
今まではニフレックというのを同じように2Lくらい飲んだのですが
マグコールのほうが断然飲みやすい!
でもニフレックを知らない人ならこれもビミョーに気持ち悪い味、と思うのかな。
ポカリの味を濃くしたカンジです。

で、マグコールPを飲みながらその間にどんどんと強制排便があり、
トイレの出入りでへとへとになるほどです。

そのうち便がほとんど水様便になって準備完了!

この時気を付けるのは、トイレットペーパーの使い方です。
ウオシュレットの次に、「ペーパーで、拭くのではなく優しくぽんぽん」、これに尽きます。
何回もの排便の度に拭いていると、最後の頃は悲惨なことに・・・
「優しくぽんぽん」です。

ほとんどふらふら状態で病院へ行くことになります。
そうしたら、もうここから先は看護師さんとお医者さんにお任せしておけばいいんです。
前日と当日朝からの闘いで、自分は十分にがんばったんですから。

私は苦しいのは厭なので鎮痛剤&鎮静剤を使用する検査で申し込みました。
腸内のモニターをお医者さんと診ていく楽しみを捨てることになりますが
最初の内視鏡検査でたいそう苦しみましたので納得のチョイスです。

お尻のほうが穴になっているガウンに着替えて
金属類は外しておきます。
私は、時計もピアスもリングもしていきません。

そしてブラではなく、ワイヤーなしのカップ付きキャミソールを着ていくと
脱がずに済みます。

呼ばれてベッドに横たわったら、あとはまな板の鯉です、
胃腸の動きを緩くする薬と鎮痛剤と鎮静剤を注射で体に入れていきます。
看護師さんの「眠くなりますよ~」でコテンと寝たと思います。

ここからは、鎮静剤なしで受けた時の知識ですが、
ゼリーを塗った肛門から内視鏡を入れて腸のどん詰まりまで進め、
そこからはバックで帰ってきながら腸内を撮影します。

腸がクタクタしていては観察や撮影がしづらいため、
空気を入れて腸をぱんっと膨らせながらの作業です。
また、残便があれば水で流してきれいにしながらの撮影となります。

もしもポリープなどがこの時に見つかれば、この時点で取ってしまうのだそうです。

カメラ機能、空気送り込み機能、放水機能、ポリープ切除機能
こんなにいろんなことをやっちゃえるなんて、おそるべし内視鏡であります。


鎮痛剤や鎮静剤のお蔭で、検査はいつのまにか終わって
気が付くと看護師さんにいざなわれて仮眠室のベッドへ。
ここで一時間ほど寝て、内視鏡検査は終了!

看護師さんに起こされて、先生からのお話があります。
何回受けても、やっぱり緊張します。
父を大腸癌で亡くしていますから、どうしても、ね。

「異常ないですね、」の先生の第一声に食い気味に「ありがとございます!」

あとはもう頭の中は「何を食べようか、何を飲もうか♪」
それしかない。。。

便潜血反応が陽性でも内視鏡検査を怖がって受けない、めんどくさがって受けない方が多いと聞きます。

確かに、怖いし、お腹が空くし、ハイ、めんどくさいです。

でも、腸の中をいっときでもキレ~にするのは気持ちいいですよ。
そしてそしてなにより、身体のことを考えれば多少の大変さに替えられるものではありません。

便潜血反応が陽性でも内視鏡検査で癌と診断される割合は、
たしか1割くらいだそうです。
小さなポリープがあって、それを切除する人はいるでしょうけど
そういう殆どが良性ポリープ段階で、癌化する芽を摘んでしまえるのだから
やっぱり内視鏡検査を受ける意味は大きいと思います。
プロフィール

ノラ

Author:ノラ
札幌在住の
アラフィフ主婦★ノラです。
仕事にもしているキルトや
布雑貨作りや、多聞(ネコ)との暮らしぶりを記していきます^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる