リバティ★ベッツィのがま口

リバティ★ベッツィのがま口を作りました。
このところ、気に入っている「バッグ型がま口金」を使って作りました。

前に作ったベッツィバッグ型がま口は、自分のモノにしてしまった…(・・。)ゞ
観た人の評判もいいので、気をよくして、ヤフオク出品用に作りました。

こんなカンジ♪
リバティ・ベッツィのがま口1

アンティーク風のティーポットのチャームが、ぷらぷらと揺れています。
ウサギさんも気に入ってくれたかな?
リバティ・ベッツイのがま口2

■ヤフオクに出品しております*^^*

スポンサーサイト

猫のキリリ顔

ドヤ顔

ウチの猫は、私が2階を掃除したり、階段に掃除機をかけていたりすると
こんなふうに階段を上がり終わったところにある手すりに乗って
「ほれ、見てみ。どう?どう?」といった顔をします。

ここから足を滑らせると4mほど落下することになり、
いくら猫でも骨折するかもしれません。

猫の骨折治療費は約30万と聞きます。
で、こういうウチの猫のどや顔を見せられるたびに
保険に入るべきか、入らざるべきか…と考えるわけです。

こんなふうにキリリとした様子ではありますが
過去、何度もずりっと落ちそうになって、
『あわわ!!!』という顔も目撃していますので、
保険の資料を取り寄せたりしては悩むワケ。。。

……ったく!

リバティ★ベッツィ×プードルファーのクッション

リバティのベッツィでクッションカバーを作ろうと考えているとき、
生地屋さんでプードルファーを見て、コレだ♪と思いました。

可愛いベッツィ柄が両面のクッションももちろん可愛いわけですが
ベッツィの裏側にプードルファーのふわふわもふもふがあったら
目にも肌にも温かなカンジで、癒されるだろうな~と。

…で、こんなんができました☆
リバティベッツィのフワモフクッションカバー

裏のプードルファーはこんなカンジ、ウサギさんに座ってもらいました。
リバティベッツイのフワモフクッションカバー2

クッションカバーの4つの角には、ベッツィで作ったヨーヨーをしっかりと縫い付けてみました。

※ヨーヨーとは、パッチワークやキルト経験者なら御存知の
円形にカットした布の縁を縫い絞って作ったものをいいます。

そしてベッツイの縁にはプードルファーに重なるように、
ルシアンのレースをぐるりと縫い付けました。
こんな具合に…♪
IMG_0162.jpg

きゃ☆可愛い…と、自画自賛。。。

ひそやかに、食べログ。

最近、食べログやらせ問題を耳にしますが、
今日はひそやかにマイ・食べログってみます。

今日は友達7人で、ホテルモントレーエーデルホフ13階の「隋縁亭」でランチしてきました。

ランチは月替わりするようで、今月は
『初春月』という「先付」から「水物」までの9品の懐石料理でした。

久しぶりに、実はほんとに久しぶりに「美味しい!」と思えたお料理でした♪

ああ”~ッ、デジカメ持ってけば良かったのに!!
八寸の盛り合せなんて、すごく良かったのに!

札幌住まいの方、ランチに迷っていたら、此処オススメですよ☆
2500円は安いくらい。(ディナーになると5000円~です)

リバティー★がま口5品、揃い踏み!

出来ました~
リバティで作った押し口金タイプのがま口ポーチ5品、揃い踏みです。
押し口金タイプのがま口

2列目奥から、
アンベル(Umbel)
ベッツイ(Betsy)
イアン・ローズ(Ian Rose)

1列目奥から、
ガブリエラ(Gabriela)
キャサリンス(Cathryn's)

そして、それぞれにデザインの違う可愛いティーポットのチャームが揺ら揺らと付いています。
ポットのチャーム


がま口の口金は、どちらかというと金色をちょっとアンティークっぽくした感じのものが多いようですが、
この口金は、クリアなシルバー色で、開けるには押して開けるタイプ。
ちょっとバッグっぽいんです♪

奥中央のベッツイを最初に作りましたが、接着芯のみ使用しました。
それで、ポーチを持ったとき、もう少しふっくらした感触が欲しいナと思ったため
ベッツイ以外の4品には、接着キルト芯を使用しています。

東京アンティークさんのタグを縫い付けています♪

ヤフオクに出品する予定ですが、気に入ってもらえますように

ぼかァ、シアワセだなあ~

ああ、今日も寒い札幌であります。

そりゃあ北海道なら寒いのも当たりまえと思うでしょうが、
実はそうでもないことは、
埼玉の川越の主人の実家に行ったりしたときに実感します。

北海道の家は密閉性が高いし、暖房設備も家中をカバーしていることが多いので、
外は厳寒でも、家の中はこれでもかなり温かいのだということが実感できます。

主人の実家に行くと、リビングを出てトイレや浴室や寝室、
どこもかしこも寒くて寒くて、ぴゅ~っとまたリビングに駆け戻るカンジです^^;

それでも、実家の義理の両親は北海道=寒い!と思ってますので
ついついハナシを合わせてしまうんですよね~。

で、全館暖房でぬくぬくと暮しているウチのネコは
今日も今日とて、さらに温かマイハウスにもぐりこみ、
こんな顔をしています。

『ぼかァ、シアワセだな~。。。』
シアワセ~

がま口ポーチ

リバティプリントとリネン生地を組み合わせたふっくらがま口ポーチを作ってます、
…って、前から作ってるのに、まだ出来てないのかさ~

いやいや、やっと完成しつつあります♪
5個程、出来上がりつつあります!

がま口を手作りした方はご存知でしょうが、
がま口金に布を差し込むときに紙紐も一緒に入れて、
厚みを増やして接着力を高めます。
(布だけで厚みが充分であれば、紙紐は不要です。)

で、以前の私は、布を入れて、それから紙紐、と分けていたのですが
「あ☆布と紙紐を一体化して入れたって問題ないよね?」と。

そこでこんなふうに、布の際に紙紐を巻きかがりして…
紙紐を巻きかがり
わかります?

この方法は私に向いているようです
というのは、口金にボンドを縫って布や紙紐を挟み込む際に
ワタシ、けっこうあたふたと致しますので、
その「あたふた」状態が一度で済むので有難いワケ

巻きかがりをするひと手間が増えますが、
こうするようになってから、気分的にもラクかも♪

まあ、人それぞれの方法があるってことですね☆

またたびの威力

下は、またたびスプレーを吹き付けたタオルに
身をくねらせているウチのネコ・多聞の画像です。

またたび

この日、多聞は、膀胱炎でちょびりちょびりとオシッコをいたるところに漏らし、
そんな自分にすっかり意気消沈している様子でした。

まあ、意気消沈しているようにみえただけかもしれませんが。。。

いずれにせよ、しっぽは下がり、目に力も無く、とにかくじいっとしていました。

で、病院に行って処置をしてお薬も処方されて帰宅しまして、
あんまり可哀想なんで、多聞専用のタオルに、
またたびスプレーをしたところ、

ゆらりと立ち上がり、やってきて、やおらタオルの上でくねくねして
そのうち写真のように手足を広げておなかをぺったりくっつけた次第です。

ご覧のとおり目にも力が宿ってますよね。

いやあ、またたびの威力ってすごいな~!というオハナシでした。

追:お陰様で、お薬や療法食のお陰で、今は超☆元気デス!

がま口ポーチを作成中♪

昨年12月の母の三回忌以降、ニャンの膀胱炎&膀胱炎再発、
そして慌しく年末に突入してお正月を迎えて…というわけで
ヤフオクに出品するハンドメイド品作りがなかなか出来ませんでした。
で、お正月気分も去り、ただいま頑張って作成中です。

作っているのは、「がま口ポーチ」☆
リバティープリントとリネンの組合せで、ぷっくりとした形のポーチです。

がま口金にチャームの付け口があるので、可愛いチャーム探しをしてみました~^^

そしたらあった、あった、ありましたよ
こんな可愛い妖精のチャームがありました。
妖精のチャーム

そして、ほら、これ見て♪
ティーポットのチャームです~
ポットのチャーム

早くがま口ポーチを完成させて、これらのチャームを付けたいので
そのためにももっと時間をつくって頑張らねばねば

病みあがって、ゴキゲン?

昨年末からの膀胱炎再発でげんなりしてたウチの猫の多聞ですが、
飼い主の献身的な看病のおかげで、大晦日あたりからすっかり回復し、
お正月を元気に迎えられました。

こんなふうに、お兄さんに抱っこされてゴキゲンな顔です…、
しかし、ゴキゲン♪からの~
ゴキゲン♪からの~

ネコパ~ンチ!!
ネコパ~ンチ!しかもけっこうな悪魔顔だよ。。。

おめでとうございます☆

この『ノラの手仕事』ブログに訪れてくださった方に
心をこめて申し上げます。

あけまして、おめでとうございます!

今年一年がみなさまにとって良い一年となりますように!

この歳になるとなんだかんだと身辺ざわざわとしてきます。

身体の調子とか、
家族がどうしたこうしたとか、

あたりまえの毎日を送れることがどれだけありがたいことか
身にしみてわかった昨年のことを踏まえて

今年は良い年をつくっていきたい とそう思う所存にございます。

みんなで幸せになりたいね
プロフィール

ノラ

Author:ノラ
札幌在住の
アラフィフ主婦★ノラです。
仕事にもしているキルトや
布雑貨作りや、多聞(ネコ)との暮らしぶりを記していきます^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる